get_category_parents

ミントさんの恋するものたち

大人女子がほっこり元気になれるおすすめ情報

うちはファミコンじゃなかった!!はじめてのテレビゲーム

昭和60年前後、私のうちにはじめてテレビゲーム機がやってきました。

 

確か、まだ私が小学二年生ぐらいのときでした。

 

まだファミコンが世に出ていなかった時代、父が突然どでかい箱型の、デスクトップパソコン(?)みたいなのを買ってきたのです。

 

f:id:asayakeyou:20181015224047j:plain

操縦するレバーのでかいコントロールもあり、なんかたいそうなゲーム機でした(;^ω^)

 

家族のだれも欲しいとか言ってなかったと思うんですがどうして買ってきたんでしょう・・・(; ・`д・´)

 

お兄ちゃんも超まじめで、娯楽はドラえもんという好青年だったので、ゲームをするイメージがまったくありませんでしたし、妹はまだ赤ちゃんだったし。

 

かといって父もゲーム好きのイメージはまったくなく、めちゃがつくくらいのまじめな人で、いつも眼鏡の奥が光っていましたw

 

 

まずは初めのカセットが(カセットという響きが昭和ですねー)

 

「おてんばジャッキーの大冒険」とかいう題名だったと思います。

 

記憶のなかでは、ただ上下に移動して、敵から逃げたりするゲームだったと思います。

初期の「マリオブラザーズ」みたいな。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ
価格:6458円(税込、送料無料) (2018/10/15時点)

楽天で購入

 

 

初めてのゲームというのでうん十年たっても覚えています。

 

やりはじめるとけっこう楽しくて、次々に新しいカセットが増えていきました。

 

オセロをテレビ上でただするゲームとか、

陸上スポーツ系のもありました。

 

「ハイパースポーツ」

という名前だったような・・・あやふやですみません。

 

走り幅跳びが特に印象に残っていて

 

タッタッタタタタタタタタ・・・ピョ~~ン

 

と走って飛ぶ操作だけで楽しくて何回も兄弟たちと競いあっていました(;^ω^)

 

 

私の地域ではまだテレビゲームが普及していなくて、ちょっとした優越感で、

わざわざ友達に自慢したわけではないけど、ちょっと友達にもやらせて(笑)

 

フフーン、いいやろー(*´з`)

 

とは思ってはいましたw

 

 

 

しかし!

すぐにその優越感とはおさらばすることに!!(;O;)

 

ほんとに数か月もしないうちに、「任天堂ファミリーコンピューター」が

友達の家に普及し始めて、あっという間にみんな夢中になり大ブームになりました。


 

 

 

あの私の家のテレビゲームは、マリオに勝てるわけがありませんでした・・・

  

 

父にファミコンを買ってとおねだりしても、まだ買ったばかりのどでかいテレビゲームがあるが故、無理でした。

 

( ;∀;)ナンテコッタイ!!

 

 

友達の家でマリオや、スパルタンXや、高橋名人をさせてもらったことは、いい思い出です(*´▽`*)

 

最先端かと思いきや、結局流行に乗りそこねた我が家なのでした・・・(;^ω^)