get_category_parents

ミントさんの恋するものたち

大人女子がほっこり元気になれるおすすめ情報

恩人~K先生 職業訓練出会い編~

f:id:asayakeyou:20190117214653j:plain
「恩人」と呼べるひとも、この歳になると何人かいるようになる。



K先生との出会いも、そんな恩人のひとり。




人見知りなのに檀上に立つと、すごく面白い話ができる、変わり者のおじさん。50代だけど全然年齢不詳な風貌で中身は中2。実は人前に立つのはとっても苦手なのだそう。






出会いはちょうど今くらいの冬の日…





私はパソコンの職業訓練校に受講生として入校した。

体調も万全じゃない時期で、じっと座って授業を受けるのが辛かった。



受講三ヶ月目のパソコンの授業でK先生はパソコンの講師としてクラスにやって来た。


最初の印象はとりあえず声が大きすぎ!

小さい教室でそんな腹から声出さなくても…
威圧感はないんだけど、耳がついていけなかった(笑)


でも変わり者の先生は実はこの訓練校の卒業生で、いわゆるOBで、自分の経験をもとに、訓練でみんなが過ごしやすいように、無理してやらなくてもいいことを教えてくれたりした。



職業訓練の授業では「3分間スピーチ」という地獄の時間がある。
 

毎朝、全員順番通りに回ってくる。
最前列の生徒の60手前のおじさんから始まり、みんな経験多き大人なので、面白おかしくしゃべっている。

すごい…だてに長く生きてないな(失礼)



私の番になり、最初前に立ってしゃべったとき、心臓のバクバクが止まらなかった。それでもなんとかしょうもない話をしゃべり終えた。


しかし!そのあと、ひとりひとりに感想を聞いていかなければならないのだ(T-T)
たいした話もしてないコミュ障が、1対全員で対話するというのは、かな~り辛いものがある。(早くこの時間が終わってくれ…)と震える汗ばんだ手を握りしめていた。


「なぜ、パソコンを習いに来てこんな仕打ちに…」

と順番が回ってくる度、この制度を恨んだ(笑)


しかし自分の3分間スピーチのある朝、どうしてもどうしてもみんなに感想を聞いていくことがしんどくなり、スピーチが終わったとたんに「あとは先生にお願いします!!」と言い残し自分の席に逃げた!(いいのか笑)



突然自分に丸投げされた先生は嫌な顔もせず、私のとりとめのない話を面白おかしく盛ってみんなに感想を聞いていってくれた。


助かった。ほんとに。


こんなにいい人がいるなんて、この世も捨てたもんじゃないな。





受講生の平均年齢は50歳くらいで、年齢高めのクラスで、自分と同年代や60代の生徒から何度質問されても、ひとりひとりの横について丁寧に教えてくれた。



この歳で『信頼できる先生』ができたことは貴重なことだった。



分からないことがあるごとに、「せんせ~!分かりません」と呼んで解決してもらえる安心感。普通に主婦をしていた私にはすごく新鮮だった。



授業内容は、ワード、エクセルと順番に習ってパソコン検定を必死に勉強して受かり、

最後の卒業制作でパワーポイントを使ってプレゼンすることになった。

基本を習ったあとは、それぞれの趣味など好きなテーマで勝手自由にやらせてもらえた。


私は「和菓子職人の養成学校」という架空の学校のプレゼンを制作し(和菓子職人の経験があったので)、バックに音楽の入れ方や切り方など、何度も何度も先生を呼び、詳しく教えてもらいギリギリまで夢中で作り完成させた。


この制作期間は3日間だったが、今までの訓練期間に感じていた時間の長さや退屈さがウソみたいに無くなって、自分が今まで経験してきたことや好きなことを集約した面白いものを作りたくて、でも上手くいかなくて苦しいほどに集中していた。


そしてついにプレゼン発表の日がやって来た。




「恩人~K先生プレゼン完結編~」へ続く(*^.^*)

最強のパソコン仕事 時短術 Windows・Excel・Word・PowerPoint

最強のパソコン仕事 時短術 Windows・Excel・Word・PowerPoint

Wordお悩み解決BOOK 2013/2010/2007対応 できる for Womanシリーズ

Wordお悩み解決BOOK 2013/2010/2007対応 できる for Womanシリーズ