get_category_parents

ミントさんの恋するものたち

大人女子がほっこり元気になれるおすすめ情報

宿題はいらない~末っ子編~

f:id:asayakeyou:20181203232100j:plain

今日は、現役小学生の娘の『宿題』について書こうと思います。



娘ついに宿題嫌いに?!

肌寒くなってきた秋口に、風邪か、アレルギーで、喘息になりやすい末っ子の娘は、一度3日ほど学校を休みました。


元気になって学校へいざ行こうとすると、
「授業時の書き取り+宿題が3日分」たまっている!



『やっと元気になったのに宿題をしないと学校にいけない』という状態に。


「やっていかなかったら先生に怒られる~でもこんなにでけへん!!(T_T)」



ヤバい!娘もついに宿題嫌いになる・・・!!(; ・`д・´)



とはいっても先生が、

「別にやってこなくていいよ。学校でやればいいから」

と言ってくれたので、娘もその言葉にやっと安心して学校へ行くことができました。

小学生にとって先生のいうことは絶対なんですね。
先生に怒られることが一番のと思っているかのよう。


とくにうちの娘はですが。女の子っていうものは、ほんとに男の子にはない「気にしい心」があって、ほめたりなだめたりしてちょっと大変ですね*1



学童のおかげ

まだ娘が宿題を毎日なんとかこなしているのは、学童のおかげなんです。
学童で宿題をする時間があり、毎日だいたいの宿題を終わらして帰ってくるので、とっても助かっているんです(^^♪


学童のみんなが宿題をする環境がいいんですね。
やっぱり競争心がないと、だめなんですかね。

家にいると誘惑が多くて、兄弟もいてワーワーうるさいのでやる気が出にくいんで、
ほんとに学童の先生にも感謝です。

まとめ~一日の終わりはゆったり過ごしたい~

そんな娘は、宿題もままならないのに、チャレンジタッチを欲しがっています。
まあポイントをためてもらえる、すみっこぐらしとかのかわいい景品ほしさは、母にもわかるけどね(;^ω^)


三人育てて、三人とも宿題でそれぞれの悩みがありました。

ほんとに、宿題っているんでしょうかねえ。
今のお母さんたちは、仕事で忙しいのに帰ってきて子どもとの時間がないのに、
一日の最後に子どもとのコミュニケーションが勉強でおわるって私はいやだなあ。


学力低下をすごくダメなことと報道されたりしていますが、学力ってそんなに躍起になってみんないっしょくたで上げないといけないものなのかなあと考えてしまいます。



シングルマザー、ワーキングマザーならなおさら、すこしでも子どもとの時間を楽しく過ごせるようにと思いつつ、
結局、家事に追われてしまうことに負い目を感じてしまうのです。



私がもしもボックスで、文部大臣になったならば、
真っ先に>「宿題」を廃止します!!(*´▽`*)

*1:+_+